逆マーチンゲール法

逆マーチンゲール法、勝ったら勝ちを徹底的に追う波乗り戦法!

勝ったら賭け金を2倍に上げていくので、波に乗り一気に増やそうという戦法です。

しかも攻め一辺倒ではなく、賭けは最初の「1」だけなので、最初に勝てば、どこで負けても損は「1」だけ

この為、どこで勝ちを確定させるかという区切りが、一番大事なポイントになります。

一気に突き進むのか、3連勝程度で止めるのを繰り返すか等。ここだけは、絶対に決めておきましょう。

逆マーチンゲール法のやり方

勝ったら倍にしていくだけなので、1、2、4、8、16、32…となっていきます。どこで止めても、負けても再度「1」から始めます。あとはこの繰り返し。

逆マーチンゲール法の注意点

テーブルの上限(MAXベット)が低いと、すぐに最高額に達してしまいます

まっ、嬉しい悲鳴なので、そこでやめれば良いだけですが(笑)

バーネット法との比較

逆マーチンゲールは、4連勝すれば+15。バーネット法なら+12。

差は少しですが、5連勝すれば+31。バーネット法は+13と、18も差が開きます

しかし、5回目で負けた場合、逆マーチンゲールは−1、バーネット法は+11と、毎回のゲームで確定させている分、残り方に違いが出ます

ゲームを覚える為にも、無料で練習しましょう。稼ぎたい方は有料で稼げます>>