バーネット法

バーネット法(1326法)負けを少なく抑え、緩やかに勝ちを狙う!

特に初心者だと、大きく勝つより、大きく負ける方が怖いかと思います。

そこで、非常に覚えやすくて簡単な、バーネット法(1326法)というチップの賭け方をオススメします。

負けを最小に抑え、緩やかに勝ちを狙っていく戦法ですが、重要な事は「あくまで勝負を存分に楽しみながら、チップの賭け方だけをコントロールする」という部分です。

興奮しながら、勝負を存分に楽しむけれど、チップの賭け方だけは機械的に置きます(笑)

ここだけ守れば、どれだけ熱くなっても構いません!

※ブラックジャック、ルーレットの赤黒ベット、バカラ、クラップス等のイーブンベット(賭け金と同額以上の配当が貰えるもの)で使えます。

バーネット法(1326法)のやり方

まず最初に「1」賭けて、勝ったら次に1足して「3」、勝ったら「2」、最後は「6」を賭けていきます。なので、1326法と呼ばれます。

どこかで負けたら、また「1」からやり直し、「6」で勝っても「1」へ戻ります。あとはこれを繰り返していくだけ。非常に簡単ですよね(笑)

もちろん、手持ちが少ない時は、2連勝(手持ちは6枚に)で止め、最初に戻ってやり直すのも有りです。少し増えたら、そのまま最後まで進めば、長く遊べます。

バーネット法の特徴と損益計算

1回目に勝てば+1、負けた場合は−1

2回目、+4、−2

3回目、+6、+3

4回目、+12、±0

注目するのは、3回目(2連勝の後)で、勝っても負けてもプラスになってるところ

つまり、2連勝さえすれば、着実に積み上げていけるって事。

逆マーチンゲール法との比較

バーネット法は、4連勝すれば+12。逆マーチンゲール法なら+15。

差は少しですが、5連勝すれば+13。逆マーチンゲールは+31と、18も差が開きます

しかし、5回目で負けた場合、バーネット法は+11、逆マーチンゲールは−1と、毎回のゲームで確定させている分、残り方に違い出ます

ゲームを覚える為にも、無料で練習しましょう。稼ぎたい方は有料で稼げます>>